Blog

ちば南東部サポステ 5年目スタート

茂原市役所9階に開設している「ちば南東部地域若者サポートステーション」は新しいスタッフを迎え、新年度をスタートします。15歳から39歳までの若者の『働きたい』を実現できるよう支援していきます。

利用者の方々に来てよかったと思える場所でありたいと考え、そのためにもサポステの存在を多くの方に知ってもらえるよう努力します。

茂原市役所9階では、午前9時30分から様々なグループワークを行いコミュニケーションスキルの向上を目指します。午後は時間を設定して、個別面談を実施します。
さらに利用者の利便性を図るため、サテライト市原を開設しています。
第1水曜日は市原青少年会館、第2水曜日から第4水曜日は市原市勤労会館(YOUホール)で相談やグループワークを行っています。

今年度は、山武郡市・長生郡市・夷隅郡市と市原市の19市町村から推薦団体をいただき一層の連携強化を図りたいと考えています。

重点項目として、次の2点です。

【職場体験の実施】 
・1週間以上3ヶ月未満の職場体験を企業の協力を得て行います。
【学校連携の強化】 
・厚生労働省と文部科学省間の連携事業として、高校在学中にサポステの存在を知っていただく機会を設けます。 

現在、働きたい意欲を持っていらっしゃる方、今までの失敗など恐れるに足りません。勇気を出して、まずは電話を一本。予約を受付、支援がスタートします。専門のスタッフが笑顔でお迎えします。

出会いは一瞬でも、その出会いをぜひ形のあるものにしていきましょう。
就職決定を一緒に喜びたいと心から願っています。